ホーム > ヘアケア > しれっと置かれた育毛剤

しれっと置かれた育毛剤

今父が単身赴任中なので、家にすむ男は私のみだ。

だから男が使いそうなものは大体私一人が使うものだ。

ある日の朝、洗面所に歯を磨きにいった。

いつもの日のように歯を磨きうがいをし顔を洗い髭を剃る。

この毎日のルーティンを終えて洗面所から出ようとした時に、私の目線に見たことの無い黒いボトルが一本あった。

新しいシャンプーかな?と思ってそのボトルを手に取るとそこには「男の育毛発毛剤」と書いてあった。

この家に住む男手は今時分は自分だけ。

父はまだ帰ってこない。

しかも髪はフサフサだ。

そしてこのボトルを自分が買った記憶はない。

って事はこの男の育毛発毛剤は私向けに家の女性陣の誰かが買ったって事だ。

私はショックだった。

少なくとも自分自身まだ育毛剤やら発毛剤のお世話になる必要はないと思っていたからだ。

慌てて風呂場の小さい鏡を手に取り、つむじの辺りを見てみる。

いつもと同じなのにそう言われてみたら必要なのかもと思い始めるから不思議だ。

私は静かにボトルを手に取り使ってから洗面所を出た

生え際に効く育毛剤ならこちら